もち子とすし子のオベイサン

素直じゃない主婦2人のオベイサンへの道のり

【学校での子供のいざこざ〜親の動揺〜】#子育て14

おはようございます。

 

もち子とすし子です。

 

今日は【怪我をして帰ってきた長男】

について書いていこうと思います。

 

 🌟このブログに繋がってくださり、ありがとうございます🌟

 私たちのブログでは、体験したことを「自分は・自分が」と言う観点から振り返り 何気ない日常が心地良くなるようにしていくための方法などが載せてあります。

 

今週の月曜日、すし子の長男が学校から帰ってきて開口一番

「今日保健室に行ったんだ。」

と話し始めました。

 

すし子「どした?どした?!体調悪かったんか?」

 

長男「クラスのA君に足を蹴られて、痛かったから保健室に行った。」

 

長男の話をよく聞くと・・・

掃除の時間にいきなりA君に蹴られた。

蹴られた場所は右足の外側のくるぶしの所で、

長男は何もしていないのに急に蹴ってきた。とのことでした😨

 

男の子同士の《やった・やられた》はよくありますが、

何もしていない長男に、何で蹴ってきたのかな?と少し疑問に思いました。

 

 

月曜日は19時から空手があるので、

長男は痛みが少し残っている状態で、

稽古に行くことを不安に思っていました。

 

空手の先生が接骨院もやっているので、

すぐに先生に足を診てもらいに行きました。

 

診てもらったところ

骨や筋肉、筋に異常は無いとのこと☺️

くるぶし周辺は筋肉で覆われていないから

ぶつけると痛い所で、軽度の打撲じゃないかとも言われました。

 

日常生活は普通にしていて大丈夫だし、体育もやってもOK!

今日の空手は蹴りは無しで、パンチだけにしておけばいいよ。

と稽古内容も変えてもらえました。

 

すし子も長男も、先生に診てもらえてホッと一安心😂

19時からの稽古も長男は頑張ってやり切りました!!

 

怪我も大したことなかったのでよかったですが、

学校ではどんな対応をしたのかな・・・?とすし子は気になりました。

 

 

男の子同士のいざこざはある程度は想定していたし、

今回は大したことない怪我で良かったけど、

何もしてない子にいきなり蹴ってくる子がいるということが起きてしまって

先生はどう2人に声をかけてくれたんだろう?

 

いつもなら体調不良とか軽い怪我をしたら

すぐに保健室から電話がかかってくるのに

今日はかかってきてないな・・・😧

 

 

モヤモヤする気持ちが抑えられず、

もう私から電話しよ!!とした時

学校から電話がかかってきました📞

 

 

学校の先生の対応、それを聞いたすし子について

続きは月曜日のブログで書こうと思います📝

 

 

読んでいると、「こんなこと出来ない・何だか面白くもない」

と感じたりするかもしれません。 なぜかというと気づいて変化させたバイブレーションが 読んでいる人に気づきのスイッチが入るように意図して書いています。

 

 偉そうにするつもりはありません。

 

 でも、今まで何も変わらない・変わってくれないと嘆いていた出来事や人が 自分の考え方や捉え方で変わってしまいます。 変わったことが実感できてしまったら、もう前には戻れません。

 自分が気づくだけで、周りが変わったかのようになるのなら、 あなたもぜひやってみる価値があると思います。

 

 心地の良い場所は自分で作ることができます!!!

 

【本当にあった怖い話〜序章〜】怖がりな方はご遠慮ください笑

おはようございます。

 

もち子とすし子です。

 

今日は【もち子とすし子の怖い体験】

について書いていこうと思います。

 

 🌟このブログに繋がってくださり、ありがとうございます🌟

 私たちのブログでは、体験したことを「自分は・自分が」と言う観点から振り返り 何気ない日常が心地良くなるようにしていくための方法などが載せてあります。

 

もう日本各地で梅雨明けしましたね。

6月もあと2日で終わりますが、すごく暑い日が続いています。

もう夏ですね☀️

 

夏ということで、少し早いですが

私たちが体験した怖ぁぁい話をしていきたいと思います😨

 

 

⚠️注意⚠️

ここから先の話は、本当にあった怖い話を書きます。

苦手な方はここでブラウザバックしてください🙇‍♀️

読まれる方はご自身の責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

今から20年くらい前から始まり、10年間ほど怪奇現象は続きました。

 

もち子はこれよりもずっと前、子供の時から金縛りに遭っていました。

 

すし子は一番怖い体験をしていた時期は高校生の時でした。

 

今日はもち子とすし子がお風呂で体験した怖い話をしたいと思います。

 

 

 

今思い出しても嫌な感覚と背筋が凍ったのが蘇ります。

 

 

 

もち子もすし子も田舎の村中にあるもち夫の実家に住んでいました。

昔ながらの日本家屋の家で、母家と離れがありました。

 

母家の1階にはダイニング、キッチン、祖母の部屋、広い廊下、応接間、仏間、仏間の奥の部屋、お風呂、トイレがあります。

実家の間取り図(水色→何も感じない所・グレー→恐怖を感じる所)

 

とにかく玄関から奥にあるお風呂、トイレ、廊下、仏間の奥の部屋が

異様に暗く、小さい頃からずっと怖がっていました。

 

脱衣所の扉の上の壁に、お面の壁掛けが飾ってあり、

夜になるとより不気味にお面がライトアップされて・・・

 

トラウマになる程の怖さでした。

↑こんな感じの七福神のお面の壁掛けです(写真はお借りしています)

 

脱衣所にいても、お風呂に入っていても

常に誰かに見られている感覚があり、視線を感じていました。

 

 

すし子の妹は脱衣所の窓の外に人影をみたとも言っていました。

 

 

怖い怖いと思いながら入っているから

お化けがいるかも・・・と想像してしまって

視線を感じていただけなのかもしれない。

だけど、頭を洗っている時も、体を洗っている時も、

お風呂から出て着替えている時もずっと

すごい強い視線を感じていました。

 

 

こんな感じのイメージ。姿がなく視線だけ感じる。

 

 

頭を洗う時も目を瞑るのは最小限にして

とにかく目を開けたまま洗う!!

これは今でも目を瞑って頭を洗えなくなってしまうほどの恐怖でした。

 

あとは鏡をとにかく見ない。

誰か写っていたらと思ったら、もうお風呂に入れなくなる。

 

 

当時はあまり考えないようにしていましたが、

 

でもそれだけでは払拭できない、何とも言えない感覚がありました。

 

 

 

もち子もすし子もすし子の妹も、

それぞれで怖い体験、思いをしていたのにも関わらず

 

誰もそのことを打ち明けることはありませんでした。

 

 

きっと、3人とも

『たぶん、言っちゃいけないヤツな気がする』

と思っていたんだと思います。

 

8年前に3人で話をすることがあり、

その時初めて自分以外にも怖い体験をしていたことが発覚!!

 

3人の体験をそれぞれ話すことで

より、あの時の感覚は気のせではなかったことになりました。

 

 

これは序章に過ぎません・・・。

 

あの実家での出来事ははっきり目視したわけではありませんが

きっと何ががずっと見ていたことには違いありません。

 

 

次回をお楽しみに・・・😨

 

 

 

 

 

【子供にも 旦那にも 自分にも…】

おはようございます。

 

もち子とすし子です。

 

 

今日は【条件を外したら何が変わったのか?】

について書いていこうと思います。

 

 🌟このブログに繋がってくださり、ありがとうございます🌟

 私たちのブログでは、体験したことを「自分は・自分が」と言う観点から振り返り 何気ない日常が心地良くなるようにしていくための方法などが載せてあります。

 

www.motikosusiko.com

☝️昨日は自分の本音をチラッと覗いたら、

自分にも相手にも条件をたくさんつけて見ていたことがわかりました。

 

自分は『ありのままの私』を見てほしいと思っているのに

相手には条件をつけて見ていたことにも気がつきました。

 

根底にある物事に対する⭕️・❌のジャッジが

ありのままの旦那や子供、自分さえも素直にさせなくしていた。

 

自分にも相手にもつけていた条件とは・・・

  • 働いている人が偉い、立場が上。 →稼いでくるが⭕️
  • 働いていない人は口出しできない。→稼いでいないが❌
  • できる人、頑張っている人が⭕️
  • できない人、頑張っていない人、楽している人が❌
  • 勉強できる人が⭕️ 勉強できない人が❌
  • 子育てしている人が⭕️  していない人が❌

何に対してもできる・できないで⭕️❌をつけて判断してしまう。

 

この⭕️❌ジャッジを外すと・・・

  • どんな状況でもまず受け止めることができる。
  • 起きた事実に対して対処することができる。
  • 自分も相手もジャッジしないから息詰まる事やイライラすることが減る。
  • 今までは条件付きの1択しかなかったけど、条件が外れると選択肢が増える。
  • どんな自分も相手も許すことができる。優しくなれる。

 

今まで条件をつけているなんて意識したことがなかったけど、

書き出したら、いろんなことに⭕️❌をつけて

自分は一生懸命⭕️でありたい!だから相手も⭕️になってほしいと

思って生活をしていました。

 

自分にも厳しく相手にも厳しくする生活は息が詰まってしまいますよね?

 

こんな自分もアリだし、あんな自分もいてもイイ✨

 

そう思えるだけで

肩の力がスッと抜けて、ゆるく楽になりますよね🎵

 

自分がガチガチに力んでいたのが無くなれば

関わる相手もゆるくリラックスできるようになると思います。

 

 

できる・できないは必ずあるもの。

そこにジャッジをつけないこと。

不平等はなくすことができないこと。

でも不平等の中にどうしたら自分は心地よくなれるのか

ということがとても大切だと思いました。

 

 

読んでいると、「こんなこと出来ない・何だか面白くもない」

と感じたりするかもしれません。 なぜかというと気づいて変化させたバイブレーションが 読んでいる人に気づきのスイッチが入るように意図して書いています。

 

 偉そうにするつもりはありません。

 

 でも、今まで何も変わらない・変わってくれないと嘆いていた出来事や人が 自分の考え方や捉え方で変わってしまいます。 変わったことが実感できてしまったら、もう前には戻れません。

 自分が気づくだけで、周りが変わったかのようになるのなら、 あなたもぜひやってみる価値があると思います。

 

 心地の良い場所は自分で作ることができます!!!

 

 

 

【上辺の気持ちと本音の気持ち】

おはようございます。

 

もち子とすし子です。

 

 

今日は【自分の本音に気がついたら具体的に何が変わったのか?】

について書いていこうと思います。

 

 🌟このブログに繋がってくださり、ありがとうございます🌟

 私たちのブログでは、体験したことを「自分は・自分が」と言う観点から振り返り 何気ない日常が心地良くなるようにしていくための方法などが載せてあります。

 

👇先週末の記事ではこんなことを書きました。

www.motikosusiko.com

 

相手や周りと関わる中で『イライラ・もやもや』することはチャンス💡

それは、自分が『やりたい!でもやれない。』と思っている葛藤

相手や周りを通して投影しているということ!!

 

これに気づくことができたら・・・

自分の言動の選択肢が増えて、相手や周りと違ってもいい!と

思えるようになるのではないか・・・ということを書きました。

 

では、実生活で具体的にどう変わったのか?を詳しく書いていこうと思います。

 

すし子とすし夫の生活だと・・・

すし子は家事育児全てを1人で完璧にこなしたい!という思いが強く、

仕事から帰ってくるすし夫に気を遣って生活していました。

全てのことを自分でやらないと気が済まないくせに、

家に帰ってきてゆっくりしているすし夫にイライラもしていました。

 

この時すし子の中には2つの気持ちがありました。

 

《すし夫を思う気持ち》←これは上辺の気持ち

「1日外で働いてくれているすし夫にあれこれ頼むのは申し訳ない。」

「家事育児ぐらいは私がやらないと、すし夫に負担をかけたくない。」

 

《何もやらないすし夫にイラつく気持ち》←これが本音

「何で私ばっかり家で忙しくしてないといけないの?」

「私はこの家の家政婦じゃない!」

「私が忙しくしているのに何とも思わないの?」

 

かなり矛盾してますよね・・・😅

 

どちらも嘘偽りないすし子の気持ちです。

 

すし夫を思うあまり、すし夫が疲れているだろう(もちろん疲れていると思うけど)

家ではゆっくりしたいだろう、と必要以上に相手のことを汲み取ってしまい

相手には頼むことができない、申し訳ないという気持ちになってしまっていた。

 

外で働くすし夫が上の立場で、家にいるすし子は下の立場にしていました。

これはお金を稼ぐことが⭕️で、お金を稼げないが❌という見方

私と旦那さんの立場を上下に分けてしまう大きな原因の一つでした。

 

これが原因となって、すし夫に助けを求められない、頼ることは申し訳ない

という気持ちになっていたのだと思います。

 

 

根底にあったのは

お金を稼げない自分を❌として、

稼げないなら家事育児くらいは完璧にこなさないと

自分のことを⭕️にしてあげられなかったのが

矛盾な気持ちをうむ大きな原因だったことに気がつきました。

 

何か条件を自分につけないと相手と対等にいられない。

無意識に相手と自分の立場を上にしたり下に置いたりして生活していた。

 

自分のキャパ以上に頑張ること=旦那さんが外で稼いでくること

を基準にするから、家事も育児も自分のキャパを越えなきゃいけなくなる。

すると、どんどん自分に厳しくなるから疲弊していく。

なので・・・

「何で自分ばっかり大変な思いをしなきゃいけないのか」

という愚痴になる。

 

みなさんは自分にいくつ条件をつけていますか?

それとも無条件に自分を愛せていますか?

 

今日は実生活での変化まで書けませんでしたが、

この気づきを無くして次には進めなかったです。

自分の本音に気がついたら、たくさんの条件をつけていないと

自分を存在させることができなかったからです。

 

明日は【条件を外したら何が変わったか】を書こうと思います。

 

 

読んでいると、「こんなこと出来ない・何だか面白くもない」

と感じたりするかもしれません。 なぜかというと気づいて変化させたバイブレーションが 読んでいる人に気づきのスイッチが入るように意図して書いています。

 

 偉そうにするつもりはありません。

 

 でも、今まで何も変わらない・変わってくれないと嘆いていた出来事や人が 自分の考え方や捉え方で変わってしまいます。 変わったことが実感できてしまったら、もう前には戻れません。

 

 自分が気づくだけで、周りが変わったかのようになるのなら、 あなたもぜひやってみる価値があると思います。

 

  心地の良い場所は自分で作ることができます!!!

 

 

 

【そんなのできない・やれないを解放する〜本心に気づいて変われたこと〜】

おはようございます。

 

もち子とすし子です。

 

今日は【投影に気づいたらどう変わったのか?】

について書いていこうと思います。

 

昨日の記事から合わせて読んでもらえると嬉しいです🎵

www.motikosusiko.com

☝️昨日の記事では、相手や周りの言動や出来事に

イライラ・モヤモヤさせられている自分😨と思っていたけど、

自分がやりたい、でもやれないと葛藤している自分の気持ちを

投影させているだけだった。

ということでしたね💡

 

 

これに気づいた時は、なかなか受け入れられない自分がいました😰

だって、相手が変わってくれればこんな思いしなくてもいい!と思っていたことは

実は自分のやりたくてもできないと思っていたことを映していただけだったなんて・・・

 

 

では、自分の気持ちの投影だったことに気がつくことができたら

相手や周りはどう変わったのか?を書いていこうと思います💪

 

 

①相手や周りを見て自分の本心に気づくことができる。

→今まではイライラ・モヤモヤしたままストレスとして受け取っていたことが

 本当は私がやりたかった事なの?と気がつくだけでストレスに感じなくなった。

 

②本心に気がつくことで、自分の言動の選択肢が増える。

→今までは「それはできない!」と本心を隠していたことで、

 「やらなきゃいけない」の1つの選択肢しかなかった。

 だけど、「やりたくないな でもやってもいいか」という

 どちらを選ぶか 自分が、選択出来ることに変わって行った!

 

すると、「今やりたいか?後にするか」など

細かく自分がどうしたいかがわかるようになった💡

 

③周りと自分が違っていてもいいと思えるようになる。

→①、②ができるようになると人を見ても「あーそうするのね」と

 私と違っても良くなってきた。

 自分が出来ないことは相手や周りに頼む事も出来る様になり

 自分だけ忙しくする事も無くなっていった。

 

 

今まで何でこんなに私だけ辛い思いをしないといけないのか・・・

私はこんなに頑張っているのに、誰も見てくれない・・・

と悲観する毎日が続いていましたが、

自分の気持ち一つに気づくことさえできれば

ストレスに感じることも、悲観する毎日も格段に減りました!!

 

そして相手や周りが何を選択しても

おまかせすることができるようになりました

 

 

 

来週は【具体的に何が変わっていったのか?】

について書いていこうと思います。

 

 

 

読んでいると、「こんなこと出来ない・何だか面白くもない」

と感じたりするかもしれません。 なぜかというと気づいて変化させたバイブレーションが 読んでいる人に気づきのスイッチが入るように意図して書いています。

 

 偉そうにするつもりはありません。

 

 でも、今まで何も変わらない・変わってくれないと嘆いていた出来事や人が 自分の考え方や捉え方で変わってしまいます。 変わったことが実感できてしまったら、もう前には戻れません。

 自分が気づくだけで、周りが変わったかのようになるのなら、 あなたもぜひやってみる価値があると思います。

 

 心地の良い場所は自分で作ることができます!!!

 

 

 

 

【私の心の葛藤〜イライラするのはホントは私がやりたかったこと?〜】

おはようございます。

 

もち子とすし子です。

 

今日は【なぜ自分が頑張らなきゃいけなかったのか?】

について書いていこうと思います。

 

 🌟このブログに繋がってくださり、ありがとうございます🌟

 私たちのブログでは、体験したことを「自分は・自分が」と言う観点から振り返り 何気ない日常が心地良くなるようにしていくための方法などが載せてあります。

 

 

昨日と一昨日のブログをまず読んでいただけると嬉しいです⭐️

 

👇相手や周りのことを1番に考えるのではなく、

《自分はどう思ったのか?》と言うことを意識してみてほしい!

www.motikosusiko.com

 

👇「何で私ばっかり・・・」と心がつぶやいている時は

自分で自分の逃げ場を無くしてしまっている💦

自分を優しくしてあげれるのは自分しかいないよ❤️

www.motikosusiko.com

 

昨日、一昨日の記事の中で共通していることを発見しました💡

それは・・・

 

ー 相手や周りを見て自分を判断している ー

 

自分ができない・やりたい・羨ましいとか

言動や出来事に対して良い・悪いジャッジしていることから

始まっているのではないのかと思いました。

 

そこから何もやっていない相手や自由にしている人・周りをみて

イライラ モヤモヤし出す自分が出てきますよね?

「何で自分ばっかり・・・」

「私は頑張っているのに・・・」

と言う嘆く気持ちが湧いてきます。

 

相手や周りが私のことを

イライラ モヤモヤさせてくる💢

とずっと思っていましたが、

 

本当は自分もそうしたい・でもそんなことできない

と言う心の奥底の葛藤を相手を通してみているだけ

 

これが投影ということだと思います。

 

相手や周りをみて、自分がイライラ・モヤモヤ・羨ましいと思ったら

これが本当の自分のやりたいこと?と気づかせるチャンスになります💡

 

今までは「相手や周りが変わればいい」とずっと思っていたけど

この投影に気づいたら、「自分はできない・やれない」と決めつけていた!

変わるのは自分なんだと気づくことができるようになります。

 

 

明日は【投影に気づいたら、周りはどう変わったのか?】

について書いていこうと思います。

 

 

 

 読んでいると、「こんなこと出来ない・何だか面白くもない」

と感じたりするかもしれません。 なぜかというと気づいて変化させたバイブレーションが 読んでいる人に気づきのスイッチが入るように意図して書いています。

 

 偉そうにするつもりはありません。

 

 でも、今まで何も変わらない・変わってくれないと嘆いていた出来事や人が 自分の考え方や捉え方で変わってしまいます。 変わったことが実感できてしまったら、もう前には戻れません。

 自分が気づくだけで、周りが変わったかのようになるのなら、 あなたもぜひやってみる価値があると思います。

 

 心地の良い場所は自分で作ることができます!!!

 

 

【頑張るしかないアナタへ・・・】

おはようございます。

 

もち子とすし子です。

 

今日は【《不安も、誰かのためも、家事育児も全ては私の責任》

と抱え込んでいた私がかけられた言葉 】

について書いていこうと思います。

 

 🌟このブログに繋がってくださり、ありがとうございます🌟

 私たちのブログでは、体験したことを「自分は・自分が」と言う観点から振り返り 何気ない日常が心地良くなるようにしていくための方法などが載せてあります。

 

昨日のブログでは、自分と関わる人との関係を良好にしようと考えるあまり

《自分はどう思ったのか?》という自分の気持ちを1番に考えて欲しい。

そして、頑張っている自分をたくさん褒めよう❤️

という内容でした☺️

www.motikosusiko.com

 

たくさん頑張っている自分を自分自身でしっかり労ってあげることができたら、

次のステップに進んでみましょう🎵

 

 

「私のことなんて誰もわかってくれない・・・。」

「こんなに頑張っているのに誰も見てくれない・・・。」

「みんな自分のことばっかり言って・・・。」

と心で呟いている状態なら、自分の気持ちが置いてけぼりになっていると

昨日の記事でも書きましたが、

 

果たしてこれは誰かから

「アナタの頑張りは伝わらない。」

「それはアナタのやらなければいけないこと。」

「すべての責任はアナタだよ。」

と言われましたか?

 

きっと誰かから言われたわけじゃないですよね?

 

でも

「私がやらなきゃ誰もやらないし」

「私が頑張らなきゃいけないし」

「やる以上完璧じゃないといけないし」

と思ってませんか?

 

自分で自分の逃げ場を無くして

自らの手で苦しい状況にしてしまっているのです。

 

 

 

え?私が私を苦しめてたの?

 

そんなバカな…😨💦

 

 

頑張る事が普通になってしまっている人は

自分が思っている以上に

頑張りすぎていることに気づいていない人が多いと思います。

そして

自分の思い・気持ちを置いてけぼりにしたまま頑張りすぎると

「なんで私ばっかり頑張ってるんだろう😢」

と心が限界に達してしまう。

 

心が限界に達していても頑張る事を

やめてはいけないと、また自分にムチをうってしまう。

 

自分の気持ちを置いてけぼりのまま

頑張り続けるから

周りに自分の頑張りを認めてほしい。

なんで私ばっかりって言う無限ループから

抜け出せなくなってしまう・・・😰

 

無限ループから脱出するためには・・・

 

ホントはやりたくない!

やるの面倒臭い!

自分のタイミングでやりたい!

ちょっと休憩したい!

 

など、自分の奥に仕舞い込んだ本当の気持ちに気づいてあげましょう🎵

 

そして自分自身で苦しい状況にしてしまっていたことに気がつけたら

もう少し自分に優しくできると思います❤️

 

自分のことを一番理解してあげられるのは

相手でも周りでもなく・・・

アナタ自身なんです☺️

 

明日は【なぜ自分が頑張らなきゃいけなかったのか?】

について書いていこうと思います。

 

 

読んでいると、「こんなこと出来ない・何だか面白くもない」

と感じたりするかもしれません。 なぜかというと気づいて変化させたバイブレーションが 読んでいる人に気づきのスイッチが入るように意図して書いています。

 

 偉そうにするつもりはありません。

 

 でも、今まで何も変わらない・変わってくれないと嘆いていた出来事や人が 自分の考え方や捉え方で変わってしまいます。 変わったことが実感できてしまったら、もう前には戻れません。

 自分が気づくだけで、周りが変わったかのようになるのなら、 あなたもぜひやってみる価値があると思います。

 

 心地の良い場所は自分で作ることができます!!!